フィンペシアという育毛剤はフィナステリド系と呼ばれる育毛剤のカテゴリーに分類されています。
このフィナステリド系の育毛剤の特徴は、男性ホルモンの働きを抑える効果を持っているという事です。
男性型脱毛症、通称AGAと呼ばれる男性特有の脱毛症状においては、その原因は男性ホルモンの働きが過剰になり、毛乳頭細胞などの髪の毛を作る細胞の働きを著しく阻害する事であるとされています。
そのため、この男性ホルモンの働きを抑える事が治療の鍵になるのですが、その男性ホルモンの働きを抑えるという事について、非常に効果が高いとされているのがこのフィンペシアをはじめとしたフィナステリド系の育毛剤になっています。
このフィナステリド系の育毛剤を服用する事で、細くなってしまった髪の毛が健康な髪の毛に生え変わるという現象を促進する事ができます。
このように健康な髪の毛を揃える事が育毛の第一歩になります。
しかし、このような男性ホルモンの働きを抑えて、AGAの進行を抑えるフィナステリド系の育毛剤ですが、深刻な副作用も報告されています。
それが、このフィナステリドが女性の体内に吸収されてしまった場合、その女性が妊娠していると、その胎児に性的不能のような問題が発生する可能性があるという事です。
それ以外にも副作用として、うつ症状が引き起こされたり、肝機能の低下を招いたりする事があります。

上記のように、薄毛や脱毛の進行を防ぐという意味では非常に効果の高い育毛剤がフィナステリド系のフィンペシアになります。
フィンペシアのような育毛剤は現在普通の薬局では取り扱っていませんが、海外からフィンペシアを輸入しているという業者がいるので、その業者を介する事で手に入れる事が可能になります。
このような業者を介して育毛剤などの薬を海外から輸入する方法を個人輸入といいます。
ただ、フィナステリドのような非常に危険な副作用がある育毛剤を服用していて何か問題が出た場合にもこのような個人輸入で薬を購入している場合には何の保証もしてもらえないというケースがほとんどです。
あくまで、自己責任において育毛剤を購入するという形になるので、フィナステリド系のフィンペシアのような副作用が心配されるケースにおいては個人輸入という方法は避けておいた方が無難です。
また、既婚者の男性の場合は奥さんの妊娠が発覚した時点でフィンペシアの服用をやめる事で胎児への影響を避ける事は出来るかもしれませんが、うつ症状や肝機能の低下の副作用の心配は消えません。
ただ、AGAクリニックを受診してフィンペシアを処方してもらう場合には、専門の医師が副作用が出ないように慎重に状態を見ながら処方を調節してくれることになります。
そのため、副作用の危険性は自分で個人輸入して服用する場合と比較すると、かなり低くなります。

薬局で市販されている育毛剤はそこまで深刻な副作用がないものがほとんどになります。
しかし、今回の記事で扱っているフィンペシアのようなフィナステリド系の育毛剤はその育毛効果が抜群な分、副作用にも非常に深刻なものがあります。
そのため、日本の薬局では市販されていないという経緯もあります。
たしかに、個人輸入をすればAGAクリニックを受診してフィンペシアを処方してもらうよりは安上がりにフィンペシアを手に入れる事が可能になります。
ただ、フィンペシアのようなフィナステリド系の育毛剤については上記で述べてきたような副作用の心配を拭い去る事ができません。
副作用で深刻な状態になってしまうのを避ける上でも、やはりAGAクリニックを受診して担当医師の適切な管理のもとでフィンペシアを処方してもらうというのが最も望ましい方法になるでしょう。
AGAクリニックでは副作用が出ないように慎重に患者の状態を見ながら、フィンペシアのような育毛剤を投与してくれます。
その患者の状態に応じて、適切にフィンペシアのようなフィナステリド系の育毛剤の量を調整して処方してくれるため、副作用の症状に苦しむ可能性は格段に低くなります。
また、何かあった時でも迅速に対応してくれるというのが、AGAクリニックの魅力になります。
このような安心感があるので、フィンペシアを服用するのであれば、AGAクリニックから処方してもらうというのが一番良い方法になるでしょう。