細毛化とはその名の通り、健康な髪の毛と比較すると細くて短い髪の毛が生えてくるようになるという症状です。
この細毛化が現れると抜け毛の症状が進むと言われています。
この細毛化はAGAが原因となって発生します。
AGAとは別名男性型脱毛症と呼ばれており、薄毛に悩む男性の90パーセント以上はこのAGAの症状であると言われています。
AGAは男性ホルモンの働きが活発になった結果、男性ホルモンがジヒドロテストステロンという物質に変化する事から始まります。
そして、このジヒドロテストステロンが髪の毛を育てる役割を果たしている毛乳頭細胞と結合する事により、髪の毛を作る細胞の細胞分裂が減ってしまう事になります。
この結果として、現れてくるのが細毛化の症状です。
髪の毛を作るもととなる細胞の働きが鈍くなった結果、健康な髪の毛が生えてこなくなり、細くて短い髪の毛が生えてくるようになります。
そして、この髪の毛は健康な髪の毛と比較すると細いため、正常な脱毛までの周期よりも早く抜けてしまいます。
そのようにして、髪の毛が抜けるまでのスピードが上がってしまった結果、生えてくる髪の毛の量よりも抜けていく髪の毛の量が多くなり、その結果抜け毛の症状が進行していく事になります。

上記でも述べてきたように細毛化は男性ホルモンの働きが活発化して、ジヒドロテストステロンという物質になって髪の毛を作る細胞の働きを鈍らせる事が原因となって発生します。
そのため、細毛化の対策としてはこの男性ホルモンの働きを弱めて抑えるという事を考えて対策を行っていく事になります。
このような男性ホルモンの働きを抑えるための方法として考えられるのは、男性ホルモンの働きを抑える効果がある育毛サプリを摂取するか、細毛化の治療に効果があるとされている育毛剤を飲む事になります。
まず、育毛サプリについてです。
巷では育毛に効果があるという名目でたくさんの育毛サプリが売られています。
この育毛サプリには通常いくつかの育毛に効果のある成分が合成されて販売されているケースがほとんどです。
そのような育毛サプリに含まれている成分の中で、男性ホルモンの働きを抑えるのに効果があるとされている育毛成分が大豆イソフラボンになります。
この大豆イソフラボンはエストロゲンという女性ホルモンと同じような働きをする効果があります。
このような女性ホルモンと同じような働きをする大豆イソフラボンを体内に摂取する事で反対に男性ホルモンの働きを抑える事が出来ます。
そのため、大豆イソフラボンは細毛化の治療にある程度の効果を発揮する事になります。
しかし、本当に細毛化を食い止めようと考えるのであれば、育毛剤を使うのが一番効果的な方法になります。

細毛化を解消するという目的で用いられている育毛剤がフィナステリドというものになります。
このフィナステリドはもともと前立腺肥大症や前立腺がんのような主に男性の病気を治療するために開発されてきた薬になります。
しかし、このフィナステリドを投与した患者の体毛が濃くなるなどの症状が発生したため、育毛剤に転用されたものになります。
このフィナステリドは男性ホルモンの働きを抑える事に効果を発揮する育毛剤になります。
まず、このフィナステリドを投与する事で男性ホルモンがジヒドロテストステロンとなって毛乳頭細胞と結合するという動きを止める事が出来ます。
これにより正常な髪の発育が再度促されるようになります。
結果として細毛化した髪の毛が脱毛した後には正常な髪の毛が生えてくるようになります。
正常な髪の毛が生えてくる事で脱毛までの時間が長くなり、結果として正常な発毛サイクルが戻ってくるという事になります。
それにより、抜け毛の量を生えてくる髪の毛の量が上回るようになり、薄毛の症状は改善されていきます。
このようにフィナステリドは男性ホルモンの働きを抑えて、細毛化を防いで髪の毛の発毛サイクルを正常に戻すという効果があります。
フィナステリドの細毛化を防ぐ働きは高く評価されており、育毛専門のクリニックでも広く用いられています。
細毛化の解消にはフィナステリドのような育毛剤が最も効果的であるという事が出来ます。