薄毛・抜け毛の症状が発生して、その症状を何とかしたいという場合にまず使用するべきなのは育毛剤です。
薄毛・抜け毛の症状を改善するためにはまずは育毛剤を持ちいるのが一番効果的です。
しかし、いくら育毛剤を使って育毛を試みようと思っても、髪が育つ環境が整っていなければ育毛剤は全く効果を発揮する事がありません。
例えば、髪の毛を作るのに必要な栄養分が不足している、もしくは頭皮の環境が整っていないなどのケースです。
頭皮の環境についてはヘアケア製品などを使う事で改善していく事になります。
そして、髪の毛の育毛に必要な栄養を供給するのが育毛サプリです。
例えば、髪の毛が育つために大切な栄養素にはアミノ酸や亜鉛があります。
髪の毛は20種類以上のアミノ酸が組み合わさって出来るケラチンという物質によって構成されています。
このケラチンをつくるためには当然アミノ酸が十分に摂取されている事が条件になります。
また、これに加えて亜鉛です。
亜鉛はこれらのアミノ酸を使ってケラチンを構成する際に欠かす事が出来ない栄養素になります。
この亜鉛やアミノ酸が全く体内に不足している状態であればいくら育毛剤を使って育毛を促進したとしても全く効果を発揮する事はありません。
そのため、このようなアミノ酸や亜鉛については十分に摂取しておく必要があります。
ただ、食事で十分なアミノ酸や亜鉛を摂取できない場合にはこのような育毛サプリが効果を発揮します。
育毛サプリを摂取する事でこれらの栄養素もまとめて摂取する事が可能になるためです。
また、育毛サプリによってはもっと直接的に薄毛・抜け毛の症状の改善のために働く成分が配合されている場合もあります。
そのような育毛成分の代表例としてノコギリヤシと大豆イソフラボンがあります。
ノコギリヤシはヤシ科の植物で、育毛サプリに配合されているのはこの植物から抽出したエキスになります。
また、大豆イソフラボンはその名の通り大豆に含まれている成分で女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをする成分になります。
男性が薄毛・抜け毛の症状に悩む場合、その90パーセント以上がAGAという症状が原因で引き起こされてるとされています。
このAGAという症状は男性ホルモンの働きが過剰になる事によって発症します。
ノコギリヤシと大豆イソフラボンにはこの男性ホルモンの働きを抑える効果があります。
このように育毛サプリと一言でいっても様々な育毛成分が配合されています。
比較分析したうえで自分に合ったものを選ぶようにして下さい。